かかりつけ歯科医機能強化型診療所

  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    0467-59-0461

  • お問い合わせ

一般歯科

General

一般歯科とは

多くの人にとって、歯科医院に行く理由は虫歯や歯周病の治療です。
一般歯科ではそれらの身近な痛みやトラブルに保険診療の範囲を基本として対処しています。
詰め物や被せ物について見た目の違和感が無いようにしたいなどのご要望があれば、
セラミックなどを用いた自由診療を提供することも可能です。

虫歯治療について

虫歯の早期治療の重要性

早期治療 早期発見 虫歯

虫歯とはミュータンス菌などの細菌がお口の中の糖分を取って繁殖し、排出する酸で歯を侵食していくものです。ごく初期的な段階なら削る治療を必要としない場合もありますが、ある程度進行すると削って被せるなどの治療が必要となります。また、重度になると神経を取ったり抜歯したりすることもあります。
当クリニックは、麻酔やテクニックを駆使してできるだけ痛みが無い治療を提供しますが、早期に取り掛かるほど痛みも費用も少なく済みます。気になる症状があれば、ぜひ早めに当クリニックにお越しください。

虫歯の進行

C1(エナメル質の虫歯)

虫歯の進行 エナメル質の虫歯

虫歯の初期段階で、歯の表面にあるエナメル質が溶け始めています。初期には痛みも自覚症状も出ませんが、進行するとともに症状が出現してきます。定期健診に通っていれば、この段階で見つけて簡単に処置できる可能性が高まります。

C2(象牙質の虫歯)

象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質に虫歯菌が進行している状態です。知覚過敏(冷たいものがしみる症状)や痛みも伴います。虫歯が進行した部分を削って詰め物や被せ物を施す治療が必要で、進行するほど麻酔を使うケースが多くなります。

C3(歯髄の虫歯)

歯髄の虫歯

神経まで虫歯が侵食しています。強い痛みもありますし、飲食の時にしみることも増えます。進行するほど神経を除去するリスクが高まりますが、神経を取ると歯の寿命は短くなるので、ぜひ早めに当クリニックにお越しください。

C4(歯周組織の虫歯)

歯周組織の虫歯

既に神経は死んでおり、C3時のような痛みはありませんが、膿による痛みは起こります。できるだけ歯を残すことを心がけますが、抜歯のリスクが高い状態です。抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補う必要があります。

根管治療

根管治療とは

根管治療 虫歯

根管というのは歯の神経が入っている細長い管です。虫歯菌が神経まで入り込んでいる場合、神経を抜く治療が必要となりますし、さらに根管の内部に達した感染をきれいに取り除くことも必須事項となります。
根管は非常に細く長いだけでなく、多くの場合曲がりくねっているので、肉眼では管の内部がどのように感染しているかを確認することは不可能です。
そのため清掃は難しい処置ですが、根管治療が中途半端なまま被せ物をすると、残った虫歯菌が再び繁殖を開始します。すると、痛みに悩まされることになりますし、歯や歯ぐきに加えて骨までダメージを受けるリスクもありますので、一度装着した被せ物を外して再治療する必要がでてきます。
そのため、当クリニックではさまざまな工夫を用いて、再治療を必要としない徹底した根管治療の提供を心がけています。

歯周病

歯周病

日本では成人の約8割が歯周病にかかっていて、歯を失う原因の第一位にもなっています。歯周病は発症初期には自覚症状が少ないですが、ゆっくりと進行して少しずつ歯周組織を破壊していき、悪化すればあごの骨が減って歯を支えることができなくなります。歯ぐきの出血や口臭など、気になることがあれば早めに当クリニックにお越しください。

ページトップへ戻る