かかりつけ歯科医機能強化型診療所

  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    0467-59-0461

  • お問い合わせ

  • Web予約

矯正歯科

Orthodontics

矯正歯科について

矯正は噛み合わせや歯並びを良くするための治療です。見た目を考えて治療に踏み切る方が多いですが、
矯正治療には生活面でも多くの利点があります。
歯並びが良くなると食事がしやすくなって消化吸収を助けますし、
食べ物が詰まりにくくブラッシングがしやすいので虫歯や歯周病の予防にもなります。
さらに噛み合わせの悪さから起こる肩こりや頭痛を防ぎ、仕事や運動のパフォーマンス改善にもつながります。

このような歯並びでお悩みではないですか?

上顎前突 出っ歯

上顎前突

一般的に「出っ歯」と呼ばれる咬合状態です。側面から見ると、下側の前歯よりも上側の前歯が前側に向かって突き出ている状態を指しています。

下顎前突 しゃくれ 受け口

下顎前突

いわゆる「しゃくれ」や「受け口」と言われる状態で、上側の歯より下側の歯が前に出ている症例です。歯科医院としては「反対咬合」という名称で扱う場合もあります。

開咬 オープンバイト

開咬

奥歯を噛み合わせた状態では前歯を合わせることができず、上下の歯にすき間ができる症例のことです。「オープンバイト」という名称もあります。

叢生

叢生

前後上下にでこぼこが多い状態の歯並びを指します。毎日のセルフケアがしにくく食べ物も詰まりやすいので、お口の中の環境が悪化しやすくハイリスクな症例と言えます。

交叉咬合 クロスバイト

交叉咬合

噛み合わせようとしても、前歯のどこかが前後方向に交叉していたり、奥歯が横方向に噛み合わない状態が見られ、「クロスバイト」と呼ぶ場合もあります。

空隙歯列 すきっ歯

空隙歯列

いわゆる「すきっ歯」の状態で、歯間のスペースが広い症例です。矯正治療で改善できますので、永久歯でこの症例が見られる場合、お気軽にご相談ください。

小児矯正について

成長期に合わせた小児矯正治療

小児矯正治療

成長期に小児矯正に取り組むことは、虫歯や歯周病のリスクを下げて、お子様のお口の中の健康を生涯にわたって守りやすくするメリットを持っています。
小児矯正で歯並びや噛み合わせを改善すれば発音がしやすくなりますし、消化吸収を良くしてお子様の健やかな発育を助け、学習や運動のパフォーマンスアップにもつながります。また、お子様がコンプレックスを持たずに成長することも大きな利点になるでしょう。

小児矯正の治療法

Ⅰ期矯正

Ⅰ期矯正

Ⅰ期の小児矯正では乳歯が残っている小学校低学年くらいのお子様を対象としています。
永久歯がキレイに生えそろう時のスペースを確保するために、歯並びを悪化させるクセを除去することや、あごの成長を助けることが中心です。
Ⅰ期矯正を受けていれば、Ⅱ期矯正の時に抜歯する必要を少なくすることができます。さらにトータル的に見て、お子様の心身にかかる負担を減らすこともできるので、ぜひ前向きにご検討ください。

主な治療内容
  • 顎(あご)の成長促進・抑制
  • 歯列弓の拡大
  • 悪い悪習の改善
治療期間 / 治療回数 2年~3年 / 12回~36回
リスク・副作用 歯や骨の状態、歯の動きを妨げる癖があった場合、治療計画よりも治療期間が長くなる場合があります。

Ⅱ期矯正

Ⅱ期矯正

Ⅱ期矯正は小学校高学年から中学生くらいに、親知らず以外の永久歯が生えた状態で行う治療です。
それぞれのお子様の歯並びの状況を踏まえて、ワイヤーとブラケットを用いた矯正装置や、マウスピースによる治療を使い分けます。
Ⅰ期矯正を経由していればⅡ期の負担は小さいもので済みますが、Ⅰ期矯正を受けていないお子様でも歯並びを改善することは十分にできます。お子様のお口の中の状態が気になる場合、ぜひ早めにご相談ください。

主な治療内容
  • ブラケットを使用しての歯の移動
  • マウスピースを使用しての歯の移動
治療期間 / 治療回数 2年~3年 / 12回~36回
リスク・副作用 歯や骨の状態、歯の動きを妨げる癖があった場合、治療計画よりも治療期間が長くなる場合があります。

一般矯正(成人矯正)について

成人矯正

成人矯正

永久歯が生えそろっていて、あごの成長が止まった15歳以降の方に行う矯正治療です。
小児矯正のようにあごの成長を利用するわけではないので、矯正期間はある程度必要となります。その一方で既に歯並びが形成されていることから、治療計画が立てやすいという大きな利点があります。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ブラケットというパーツを専用の接着剤で歯の表面に張ってワイヤーを通し、歯に継続的に力をかけて歯並びを整える方法です。実績が豊富なことからエビデンスも多く、信頼度の高さが特徴です。

裏側(リンガル)矯正

裏側(リンガル)矯正

歯の裏側(舌側)にワイヤー矯正の装置を取り付ける方法です。外部の人には矯正装置が見えず、見た目がスマートでストレスも少ないことから、人に接することが多い接客や営業職の方に好まれます。

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正

目につきやすい上側の歯に対して歯の裏側(舌側)に矯正装置を付け、比較的目につかない下側の歯には前側に装置を付ける方法です。リンガル矯正より費用を抑えられるメリットがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明なマウスピースを定期的に変えながら矯正する方法です。外観上の違和感が少なく、取り外しが容易なので飲食やメインテナンス、イベントの時などにストレスが少ないという大きな利点があります。

部分矯正

部分矯正は八重歯や部分的な歯並びの乱れ、特定の歯間だけにスペースがある場合に適用しやすい矯正方法です。出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)などの全体的な症例には不向きですが、部分的な治療なので治療期間を短くでき、費用も抑えられるメリットがあります。
矯正装置もマウスピースやブラケットなど、症例に応じて選択することができます。

矯正歯科のメリット・デメリット

メリット

正しい歯並びと咬み合わせを手に入れられるだけでなく、歯磨きがしやすくなることで虫歯・歯周病リスクを軽減することができます。

デメリット

自費治療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。矯正器具の装着時に、食事、会話、見た目などに違和感を感じる場合があります。

矯正歯科の料金

小児矯正

※費用は税込になります。

小児矯正Ⅰ期 ¥330,000
小児矯正Ⅱ期 ¥440,000~¥550,000

一般矯正

※費用は税込になります。

ワイヤー矯正 ¥825,000~¥990,000
裏側(リンガル)矯正 ¥1,100,000~¥1,320,000
ハーフリンガル矯正 ¥1,100,000
マウスピース矯正 ¥1,650,000
部分矯正 ¥110,000~¥220,000

ページトップへ戻る