かかりつけ歯科医機能強化型診療所

  • ※急患随時受付します。事前にお電話ください。

    0467-59-0461

  • お問い合わせ

口腔外科

Oral Surgery

口腔外科とは

歯科医院は虫歯や歯周病の治療をするところと思っている人が多いですが、
当クリニックには歯科口腔外科があるので、お口周辺の疾患やケガなどを診ることもできます。
具体的な治療内容として、顎関節症やお口の周辺のケガ、口内炎、親知らず、口腔内の粘膜疾患などの診断や治療を行います。
また、先天性、後天性両面お口周辺のトラブルへの対応も行っています。
口腔がん検査も可能ですので、できものが気になっている場合などは、当クリニックにお気軽にご相談ください。

噛み合わせの重要性

噛み合わせが悪いと何が起こるのか

嚙み合わせ

「噛み合わせ」というと、食事のしやすさに関連するものと考える人が多いと思います。しかし噛み合わせが悪いと、歯にかかる力のバランスが狂い部分的な負荷が掛かるので、特定の歯がダメージを受けて歯周病や虫歯にかかりやすくなります。
また、人間の「噛む力」は非常に大きいのでバランスが悪いと筋肉などに影響して、頭痛や肩こり、顎関節症を起こすこともあります。さらに腰痛など全身に影響するので、歯科医院で噛み合わせの確認や調整をすることは、健康に生きる上で欠かせないこととも言えます。
当クリニックではこれらのことを踏まえて、患者様に「噛み合わせ」の大切さをお話しするとともに、噛み合わせの検査や状態を良くするための治療を提供しています。

口腔外科で対応する症例

顎関節症

顎関節症

症状

「顎関節症はあごの骨からカクカク音がする病気」と認識している方が多いと思います。実際は音だけでなく、会話がしにくくなり日常生活に困難をきたすことや、何もしなくてもあごに痛みがあるなどの症状も見られます。
顎関節症は噛み合わせの悪さから起こる場合もあるので、当クリニックでは咬合の状態が正常かどうかもていねいに確認します。
他にも、日常の食事の内容や頬杖をつくクセなどが関連して発症する場合がありますから、正しい知識が予防につながります。

治療法

顎関節症の治療としては、マウスピースを使ったスプリント治療が有効です。当クリニックでは、痛みを除去するだけで終わりにせず、顎関節症を再発しないための予防方法もご提案しています。

親知らず

親知らず

症状

親知らずは20歳前後に最も奥の部分に生えてくる第三大臼歯です。ただし、親知らずは人によって生えないこともあり、左右上下に4本の親知らずを持つ人もいれば、一本も生えていない人もいるので認識にも個人差があります。
また、あごの骨の成長後に生えるので歯並びや咬合のバランスを崩す原因になることもあり、生え方によっては他の歯に力が掛かって激しい痛みを伴うケースもあります。さらに、ブラッシングがしにくいので虫歯や口臭の原因にもなります。

治療法

親知らずは生え具合のばらつきが大きく、人によっては斜めに生えてしまうことがある一方、歯肉内にあって表に出ず真横に生えてしまうケースもあります。また生えている本数にも個人差があり、上下左右の4本がそろっている人もいれば、1本もない人も存在します。
痛みや歯並びの悪化につながる症例では抜歯をお勧めしますが、数日の腫れや痛みが伴い、年齢が上がるほど回復時間を要するので、時間が取りやすい学生時代に抜くことを推奨します。

その他にも以下のような症状の際にご相談ください

  • 顔面を強く打った
  • 顔が左右で対称ではない
  • 顔にとても激しい痛みが出た
  • 歯がまっすぐ生えてこない
  • 歯が欠けたり、折れたりした
  • ドライマウス(口の中がよく乾く)
  • 舌がヒリヒリしたり炎症が起きた
  • 唇がいつもより腫れている
  • 口内の荒れや口内炎ができた など

ページトップへ戻る